スケートニュース

若いうちから自己管理を求められ…精神科医が語る・米体操絶対女王「メンタルヘルス発言」の背景

若いうちから自己管理を求められ…精神科医が語る・米体操絶対女王「メンタルヘルス発言」の背景

フィギュアスケートも体操も今では黒人の選手も珍しくありませんが、絶対数としてはやはり少ない。コーチも審判員も世界的にみれば圧倒的に白人 …

東京五輪では、近年のオリンピックにないほどに「アスリートのメンタルヘルス」に注目が集まったのではないか。その象徴的な存在が、アメリカ体操の「絶対女王」シモーネ・バイルズ選手の団体戦棄権表明だった。この棄権について、米国在住の精神科医・内田舞医師は「とても大きな意味がある」という。それは一体どういうことなのだろうか?  アスリートとメンタルヘルスについて専門家の意見を聞いた。
若いうちから自己管理を求められ…精神科医が語る・米体操絶対女王「メンタルヘルス… – FRaU | 講談社